韓国ドラマ 王は愛する あらすじ 16話~18話 ネタバレ

2020年1月11日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!
王は愛する あらすじ 16話~18話 ネタバレで最終回まで

衛星劇場で放送予定の人気韓国ドラマ!視聴率9.5%!

このサイトは韓ドラ好き向けのチャンネルです。
見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。

人気のドラマといえば黄金のポケット・トッケビなどですが、そんな人気ドラマや俳優情報なども配信していきます。

すべての韓ドラのあらすじを全話一覧から各ストーリー分けしながら配信していくつもりです。
管理人がオススメする放送予定などの韓国ドラマも公式動画をまじえ紹介しています。
各ドラマのあらすじ、ネタバレを口コミありでお届けしていきます。

韓流俳優さん・女優さんを注目している皆さんで楽しんでいきましょう\(^o^)/

このブログは韓国ドラマを好きになってみなさんと一緒に楽しむための趣味ブログです♪
見逃してしまった方や次の放送がが気になる方などのためにドラマの詳細を1話から最終回を載せていきます♪
あらすじやネタバレを中心として、キャストや相関図などもみどころです!
旬の豪華人気スターが集結したアクションラブ時代劇。
人気脚本家のソン・ジナが同名のベストセラー小説を原作に愛と欲望を描く。

「王は愛する」のあらすじ、キャスト、相関図を最終回までネタバレで全話配信♪


スポンサーリンク

【王は愛する-あらすじ-概要】

【王は愛する-あらすじ】

王子のウォン(イム・シワン)と護衛のリン(ホン・ジョンヒョン)は子供の頃からいつも行動を共にする親友でお互いの信頼も厚い。
けれども、そんな2人の前に大商人の娘サン(ユナ)が現れる。
3人の間では友情が芽生えるものの同時にサンに対して愛情も育って行く。
2人の男の固い絆が崩れ悲劇の物語が幕を開けるのであった…。
高麗時代を舞台に国を想う王子を中心に3人の男女の切ない三角関係を描いたラブロマンス時代劇。

【王は愛する-概要】全40話

☆★今をトキメク人気スターが共演の華やかな時代劇!
☆★2017年作品 MBC放送局 最高視聴率9.5%!

☆★脚本 ソン・ジナ「太王四神記」
☆★演出 キム・サンヒョプ「華麗なる誘惑」
☆★出演 イム・シワン, ユナ(少女時代), ホン・ジョンヒョン, ジェホ

【王は愛する-あらすじ-16話~18話】

王は愛する あらすじ 16話

リンに頼まれたウォン!
サンとジョンは、忠烈王に結婚を許してもらったというのに..。
2人の結婚をパーにしてしまったウォンでした。

このことで、自分よりも、位が下の人々の面前で..。
ウォンは笑われてしまったのでした。
そこで見守っていたサンは、泣いてしまい..。

さらにウォンは、大元帝国に行く貢女のメンバー一覧に..。
リンのお姉さんダンがいる!とわかったのでした。

そして、ウォンが、ジョンの結婚をダメにしてので..。
ダンの貢女を選ぶことが回避できなくなった事もわかったのでした。
ショックなウォンは..。

王は愛する あらすじ 17話

リンに空手の組み手をお願いしたウォン!
だがリンは、ちゃんと相手になってくれなくて..。

そこでウォンは..。
「俺達、何100回も戦ったけれど..。
リンは1回も、俺に合わない!」と、声を大にして叫んだのでした。

そこで本気を出したリン!
ウォンに蹴合いをして..。
ウォンの周りにいた兵士たちまで立ちあがって2人の戦いを見ていたのでした。

そしてウォンは..。
「リンに手を出してくるな!」と叫んで..。
さらに「俺以外、誰にもリンはてだてをしない!
この俺が容赦しないから!」と話したのでした。

王は愛する あらすじ 18話

元成公主は、ウォンの奥様を選択する儀式を開催したのでした。
ウォンは、ダンを呼んで..。

世子の奥さんとして選択する案をたてていたのでした。
だが、サンを連れてきた元成公主!

その頃、サンの素性を知ってしまったウォン!
ビックリしたウォンは..。
サンとダン!2人の内、1人だけを危うい状況から
救助することができる状況でしたのでした。

そしてウォンは、元成公主の前に登場したのでした。
ダンを、皇女のリストから除外してください!と懇願して..。

始めに元成公主とリンが、取引をしたのでした。
だが、ウォンは、そうとは知らなくて..。

そこで元成公主に土下座したウォン!
周りは、そんなウォンにビックリしてしまい..。

王は愛する 全話一覧・キャスト・相関図

韓国ドラマ-王は愛する-あらすじ-全話一覧-ネタバレ

韓国ドラマ 王は愛する 相関図 キャスト あらすじ

その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク