韓国ドラマ 王の顔 あらすじ 6話~7話 ネタバレ

2020年9月9日

韓国ドラマ 王の顔 あらすじ 6話~7話 ネタバレ

あらすじを最終回までネタバレ配信! 動画やDVDラベルも好評!
相関図とキャストも紹介!BS日テレにて放送予定で視聴率9.1%!
ソ・イングクが本格時代劇初主演の人気韓国ドラマでした!

流行りの愛の不時着のように、胸キュンドラマファン向け!
トッケビはキュンキュンというよりも、輪廻転生を主軸に描いた切なく苦しく美しいドラマ!
そんな自分向けのドラマも見つけられます!

あらすじを最終回までネタバレ配信! 相関図とキャストも紹介!

このサイトは韓ドラ好き向けのチャンネルです。
見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。

韓ドラのあらすじを全話一覧から各ストーリー分けしながら配信していくつもりです。
管理人がオススメする放送予定などの韓国ドラマも公式動画をまじえ紹介しています。
各ドラマのあらすじ、ネタバレを口コミありでお届けしていきます。

このページは王の顔のあらすじ紹介で6話~7話のあらすじを書いています。
韓流俳優さん・女優さんを注目している皆さんで楽しんでいきましょう!

【王の顔-あらすじ】

時は16世紀末の朝鮮王朝時代。激動のこの時代に14代王の宣祖は予言により王になれば国が乱れると言われていた。
他方、息子の光海君は王の相を生まれながら持っており、宣祖から冷遇され続けていた。
常に暗殺の脅威にありながら王の座に就く光海君の波乱の人生と父宣祖と一人の女性をめぐって争う愛の物語を描く。
本作では“観相”(顔に現れる運命)をテーマに動乱の時代を描く。

【王の顔-概要】全23話

☆★ソ・イングクは本作で2014年KBS演技大賞・新人賞を受賞!
☆★豪華キャストとスタッグが手掛けた話題の時代劇!
☆★2014年度~2015年度作品 平均視聴率6.3% 最高視聴率9.1%!

☆★演出 ユン・ソンシク「最高だイ・スンシク」
☆★脚本 イ・ヒャンヒ「銭の戦争」
☆★出演 ソ・イングク, チョ・ユニ, イ・ソンジェ, シン・ソンロク

【王の顔-あらすじ-6話~7話】

王の顔 あらすじ 6話

光海君は宣祖の息子でいるためにも5日間で犯人を見つけ出さなければならなくなった。
光海君は盗品を扱ってる商人を当たり紅竹矢を手に入れた経緯を聞き出した。
そうこうしている最中、違法な取引をする一団がいるとジョンファから情報を得た光海君はステが関わっていると知り、協力を求めたのだ。
計画通りドチたちが現れた時、光海君は覆面をとったのだ。
その顔を見たドチは驚愕する。
乱闘が起こり、その中で光海君はカヒを発見する。
カヒがすでに亡くなっていると思っていた光海君は目の前で自分に弓を構えているカヒの姿に驚いてしまう…。
カヒは逃げ出し、光海君はカヒを見失ったのでした。
光海君は自分とカヒが生きるにはどうすべきかと考え
その結果宣祖に偽りの報告をすることを思いつく。
宜祖は光海君周辺を調べさせていたため、うその報告を見抜いていたのだ。
光海君が彼らを庇って何も言わなかった事を理解できなかった宣祖は
光海君を即廃位し平民にすることを宣言した。

王の顔 あらすじ 7話

光海君はヨンシンを連れ宮殿を出た。
けれども街の人々は光海君の事を大罪人だと思っていたため光海君は石を投げつけられしまう。
宜祖は平民になった光海君がテドンゲにつながる何かを知っていると気づいていたため周辺を見張らせていた。
宣祖は信城君が光海君を陥れた事を充分承知していた。
そして信城君の証言で、信城君に弓を射た人物の似顔絵を作成し街中に貼ったのだ。
カヒはその似顔絵のせいで迂闊に出歩くことはできなくなり身なりも変え女性の姿になった。
光海君はそんなカヒと再会を果たした。
カヒはこの3年間ずっと光海君に恨みを抱いて生きて来たと言った。
光海君は弁明するわけでもなく、自分の命を奪おうとしたのならここでもう一度やれと刀を差し出した。
カヒは、ドチに光海君との関係を初めて話す。
ドチは話しを聞き、全て忘れろと告げたのだ。
ジョンファは両班の娘でしたが、官職の汚職を知り光海君に知らしめたかったようで手紙を送っていた。
彼女は自分の目が確かなら光海君は世の中を変えられると思うと告げ、その言葉で光海君は民へ目が向いた。

前回のあらすじ・次回のあらすじ・全話一覧

☆★ 韓国ドラマ 王の顔 あらすじ 4話~5話 ネタバレ

☆★ 韓国ドラマ 王の顔 あらすじ 8話~9話 ネタバレ

☆★ 韓国ドラマ 王の顔 あらすじ ネタバレ 全話一覧

王の顔 キャスト

☆★ 韓国ドラマ 王の顔 相関図 キャスト あらすじ

その他おすすめの韓国ドラマ

☆★ 韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

☆★ キャストと相関図をタイトル別一覧

スポンサーリンク