韓国ドラマ 運勢ロマンス あらすじ 1話~3話

2019年2月28日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ 運勢ロマンス あらすじ 1話~3話 ネタバレ!
運勢ロマンスのあらすじをネタバレで配信!視聴率は12.3%!
キャストと相関図も紹介!KNTVにて放送予定!


スポンサーリンク

【運勢ロマンスのあらすじと見どころ】

ソフトウェア会社に勤めるボニ(ファン・ジョンウム)は全てを占いに委ねる占い依存女子。長期入院中の妹がいる彼女は占い師から「寅年の男と一晩を過さねば妹は死ぬだろう」と告げられる。そんな彼女の前に現れたのはIQ200の天才理系男子スホ(リュ・ジュンヨル)。彼はゲーム会社の社長であったが部下に裏切られ窮地に陥っていた。そんな彼が寅年男だと知ったボニはスホと契約恋愛をすることになる。そうこうしている最中、何かが自分の中に芽生え始めていることに気づくスホであった…。
ラブコメ女優のファン・ジョンウムと若手注目株のリュ・ジュンヨルの共演は見どころ満載でした。またイ・スヒョクが年下男子をキュートに演じ女性の心を掴む演技力は注目でした。「JYJ」のジュンスがOSTに参加したことでも話題となり展開から楽曲まで見逃せない作品となった。

【運勢ロマンスの主要キャスト】
★ファン・ジョンウム (シム・ボニ役) / ゲーム会社テバクソフト開発プログラマー
★リュ・ジュンヨル (ジェ・スホ)役) / ゲーム会社ジェジェファクトリーCEO
★イ・チョンア (ハン・ソリ役) / スホの初恋の相手、IMスポーツ韓国支社長
★イ・スヒョク (チェ・ゴヌク役) / ボニの幼なじみ、IMスポーツ所属テニス選手

運勢ロマンス あらすじ ネタバレ 放送予定

【韓国ドラマ-運勢ロマンス-あらすじ-1話~3話】

運勢ロマンス あらすじ 1話

なんでプログラマーの自分がこんなことしなきゃいけないのか・・。

ボニは自分の情けない人生を恨みながら
カジノでアルバイトをしていたのだった。

プログラマーのボニがカジノでアルバイトを
しなければならなくなった理由・・。

それは、彼女が勤めている会社の社長が雲隠れしたからでした。
隠れるだけならいいのでしたが、社員の給料を持ち逃げしたため
ボニたち社員は無収入になって困ってしまったのでした。

だからボニは・・カジノのバイトをしながら
社長の行方を追っているのでした。

そうこうしている最中、ボニはスホと出会い、彼にトイレの水を浴びせてしまったのです。
スホは一見平凡な男でしたが、実はゲーム会社の代表を務めています。

もちろんボニはそんなこと知りませんが・・。
それよりボニは、妹のボラのことで心を痛めています。

ボラはとある病院に入院していますが、すでに植物状態にあるのでした…。

運勢ロマンス あらすじ 2話

なんとかして妹を助けたい!
その一心で、ボニは寅年の男を探していたのだった。

妹を助けることと寅年の男にどういう関係があるのか!?

実は彼女が占い師に相談したところ
寅年の男と一晩を過ごせばボラの命が助かると言われたのでした。

それが本当かどうか検証する余地もありませんが・・
ボニはわらにもすがる思いで探し続けます。
そしてついに・・寅年の男・・スホに出会ったのでした。

ボニはこの男と一晩過ごすの?と躊躇しますが、スホはボニに興味津々でした。
とりわけ、ボニのプログラマーとしての才能に惚れ込んでいます。

ぜひうちの会社に招いて、ゲーム開発に携わらせたい・・
スホはそう考えました。

こうして、スホはボニを引き抜くため彼女の家を訪れました。
ボニはスホを家の中に入れますが・・
そのとき・・昔のことが記憶に蘇ります…。

運勢ロマンス あらすじ 3話

とてもいいタイミングでゴヌクが家に現れたことで
ボニは勘違いをしてしまったのです。

つまり、スホではなくゴヌクが寅年の男だと思ってしまったのでした。
そして彼女は、自分に言い寄ってくるスホを黙らせようとこころみます。

自分はゴヌクと話があるの・・あんたはちょっと黙ってて!と。
けれどもこれに対してスホは激怒し、巧みな饒舌でスホを批判こころみます。

そしてこれが原因で、スホはボニを会社に招くのを辞めてしまったのです。
こんな女・・こっちから願い下げだ!と。

けれども、テバクソフトの社長デヘに脅されて
結局、彼女を雇うことになるのでした・・。

後にボニはスホが寅年であることを知り、彼に対する味方を変えていきます…。

【あらすじ続き】
運勢ロマンス あらすじ 4話~6話

運勢ロマンス あらすじ 全話一覧 放送予定

運勢ロマンス-登場人物とキャスト&相関図


スポンサーリンク

その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク