韓国ドラマ 帰ってきてダーリン あらすじ 13話~14話 ネタバレ

2019年3月4日

韓国ドラマ 帰ってきてダーリン あらすじ 13話~14話 ネタバレ
おすすめの帰ってきてダーリンをネタバレで配信!
キャストと相関図も紹介!BS-TBSで放送予定で視聴率は9.0%!

【帰ってきてダーリンのあらすじの概要】

突如命を失った2人の男。冴えない万年課長のキム・ヨンス(キム・イングォン)と元暴力団の親分ギタク(キム・スロ)だ。2人は現世に未練があり条件と期限付きで、また容姿もそれぞれ変えられ再びこの世に戻ってくる。古巣に接近するもそこには生前知らなかった衝撃の事実が待ち受けているのであった…。
原作は浅田次郎の小説「椿山課長の七日間」 原題は「帰ってきて、おじさん」

帰ってきてダーリン あらすじ ネタバレ 放送予定

【帰ってきてダーリン-あらすじ-13話~14話】

帰ってきてダーリン あらすじ 13話

ハンナはママに近づくジフンを拒否し、どこかへ去って行きました。
ヨンスはそのことを知って動揺し、慌てて探しに出かけます。
彼の姿形はヘジョンでも、中身はヨンス、ハンナの父親なのでした・・。

ハンナがどこかへ行ってしまった!どこに行ったんだ!ハンナ!と。
激しく取り乱しながらハンナを探し続けるヨンス。
彼はようやく冷静になって、死ぬ前にハンナと交わしたある約束を思い出こころみます。

それは、必ず二人で遊園地の観覧車に乗るということでした。
それでヨンスが遊園地に行ってみたところ・・そこにはハンナがいました!

それから二人は親子水入らずで観覧車に乗りますが
ハンナは涙が止まりません。
彼女が本当に求めているのは乗り物ではなく
死んだ父親・ヨンスだからでした。

ヨンスは自分がそうだよと言ってやりたいのでしたが
それだけはルール上絶対にできません。

もし正体をバラしたらその時点でゲームは終わり、あの世に戻らなければなりません。
でも父を求めて泣きじゃくるハンナを見ると
ヨンスは胸が苦しくなってしまいます・・。

他方、ジフンはダヘに言いがかりをつけ、ハンナは自分の子だと主張し始めます。
それに対してダヘははっきり違うと断言しますが…。

帰ってきてダーリン あらすじ 14話

ギタクにとってソクチョルは生前からの天敵でした。
けれども今のギタクはホンナンとして生きているので
自分のことをギタクに教えることはできません。

それで彼女は心の中で、ソクチョルへの敵対を続けるのでした。
それでもそんな事情にお構いなく、ソクチョルはホンナンを
連れ去って脅迫するのでした。秘密口座があるだろう?
その番号を教えるんだ!さもなくば・・と。

あまりにも強引な仕打ちにホンナンは怒りを覚えますが
でもホンナンは女性なので、太刀打ちできません。
それで彼は仕方なくソクチョルに言われるままにこころみます。

やがてホンナンは追いつめられますが
そのとき、ヨンスたちが助けに来てくれました!
しかも、かつてのギタクの弟分たちを引き連れて・・。

他方、ヘジョンが店長を務めるデパートは
好成績を収めるようになっていたのだった。

その要因は、ヨンスが打ち出した改革がどれもこれもヒットしたからでした。
特に改革の目玉でした福利厚生は従業員の士気を高め
売上げ向上に大きく貢献しました。
連日のように大勢のお客さんが押しかけ、ヨンスは休む暇がない状態・・。

けれどもそうこうしている最中でも彼は、いつもダヘのことを考えていたのだった。
そして思い悩んだ結果、ヨンスはダヘのもとを去ることにしました…。

<全話一覧・キャスト&相関図>

帰ってきてダーリン あらすじ 全話一覧 放送予定

帰ってきてダーリン-登場人物とキャスト&相関図


その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク