韓国ドラマ 師任堂(サイムダン) キャスト 相関図

2019年2月27日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ 師任堂(サイムダン)、色の日記 キャスト 相関図!
相関図やあらすじをネタバレ配信!
キャストや登場人物も紹介! KNTVにて放送予定で視聴率16.3%!


スポンサーリンク

【師任堂(サイムダン)、色の日記のあらすじ】

芸術家としてまた良妻賢母として強く生きた師任堂(サイムダン)の悲愛の物語。
大学講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ)がイタリアで発見した師任堂の日記。そこから過去と未来をつなぐミステリーが始まっていくのであった。現代女性のジレンマと460年前にサイムダンが抱えていた悩みを過去と現在を行き来しながら紐解くフュージョン時代劇。

師任堂(サイムダン)、色の日記 あらすじ ネタバレ 放送予定

【師任堂(サイムダン)、色の日記-主要キャスト-登場人物】

イ・ヨンエ&ソン・スンホンの豪華共演。イ・ヨンエは「チャングムの誓い」から13年ぶりのドラマ復帰作品。本作では1人2役の難しい役どころを見事に演じきった。
また、ソン・スンホンも時代劇初挑戦にもかかわらず好演技を魅せつけ見る者の心を掴んだ。

イ・ヨンエ (ソ・ジユン役)
(現代) 韓国大学韓国美術非常勤講師
教授になることを目標とし手の届くところまできていた。けれども「金剛山図」という絵画の真偽により教授と対立。
大学を解雇され、そのうえ旦那が謎の失踪してしまう。そうこうしている最中、イタリアの古城で自分そっくりの女性の絵と出会う。

イ・ヨンエ (シン・サイムダン役)
(500年前) 天才画家、紙工房運営
裕福な家庭環境で育ち聡明で繊細で独特の感性を持つ。
4人の子供の母親として強く生きる良妻賢母。

ソン・スンホン (イ・ギョム役)
(500年前)サイムダンの恋人、画家
身分問わず芸術に触れてもらうため邁進する。
サイムダンとは芸術を通して心を通わせ永遠の愛を誓い合う。

<その他の出演者>

オ・ユナ (フィウムダン・チェ氏役) / (500年前)サイムダンのライバル
ユン・ダフン (イ・ウォンス役) / (500年前)サイムダンの旦那
イ・ヘヨン (チョン・ミンソク役) / (現代)ジユンの旦那、ファンドマネジャー
キム・ヘスク (キム・ジョンヒ役) / (現代)ミンソクの母
イ・テウ (チョン・ウンス役) / (現代)ジユン旦那婦の息子、小学生
チェ・ジョンファン (中宗(チュンジョン)役) / (500年前)朝鮮第11代王
チェ・ジョンファン (ミン・ジョンハク役) / (現代)韓国大学教授
ヤン・セジョン (ハン・サンヒョン役) / (現代)ジユンの後輩
パク・ジュンミョン (コ・ヘジョン役) / (現代)ジユンの友人、文化財復元センター勤務
ユン・ソクファ (端敬王后シン氏役) / (500年前)中宗の妃
チェ・チョロ (ミン・チヒョン役) / (500年前)フィウムダンの旦那
パク・ジョンハク / (500年前)護衛武士

パク・ヘス / サイムダンの少女時代  
ヤン・セジョン / ギョムの少年時代  
ユン・イェジュ / フィウムダンの少女時代

【師任堂(サイムダン)、色の日記-相関図】

<スタッフ>
★ 脚本 パク・ウンリョン 「二度目のプロポーズ」 
★ 演出 ユン・サンホ 「太王四神記」
★ 2017年度作品 SBS放送局 全30話

師任堂(サイムダン) あらすじ 全話一覧 放送予定

その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク