韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ 7話~8話 ネタバレ

2019年3月5日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ 七日の王妃 あらすじ 7話~8話 ネタバレ
七日の王妃のあらすじをネタバレで配信!視聴率13.6%!
キャストと相関図も紹介!KNTVで放送予定の時代劇!

【七日の王妃-あらすじ概要】全20話

実話を元に朝鮮史上最も短い7日間だけ王妃の座に座った女性、端敬(タンギョン)の悲しく切ない物語。タンギョンは2人の王に愛され、熾烈な政権争いに巻き込まれ時代の渦の中に入り込んでいく…。タンギョンを中心に苦悩や狂気、様々な人間模様を描いた熾烈な歴史ロマンス。パク・ミニョンなど人気と実力を兼ね備えたキャスト陣が集結し熱演を魅せ話題となった。

七日の王妃 あらすじ ネタバレ 放送予定

【七日の王妃-あらすじ-7話~8話】

七日の王妃 あらすじ 7話

ナクチョンとして生きているヨク(ジンソン大君/ヨン・ウジン)を
捕えるため追いかけてきた刺客から、チェギョン(パク・ミニョン)は
傷ついたヨクを助けますが、チェギョンだけが捕まります。

王の指示でナクチョンを探していたイム・サホンはチェギョンをおとりに
ジンソン大君を捕えるためチェギョンを義禁府に連れて行き
残されたジンソン大君はミョンヘが隠こころみます。

燕山君(イ・ドンゴン)はジンソン大君にそっくりの
ナクチョンではなく、チェギョンが捕まったことに驚きます。

ナクチョンが王への上等品を奪った盗賊でしたと知った燕山君は
チェギョンとの関係を問いますが、チェギョンは何も語らず
ジンソン大君をかばって罰を受ける覚悟を決めます。

チェギョンが囚われたことを知ったジンソン大君は
チェギョンを助けに義禁府に向かおうとこころみます。

新たな王になるための大義までも忘れたジンソン大君に
ミョンヘが慈順大妃(チャスンテビ)から頼まれた言づけを伝えます。

ジンソン大君はチェギョンを助けるのを諦めた様子で、ミョンヘは
ジンソン大君のチェギョンへの気持ちを知り、チェギョンを直接殺害
するために囚われたふりをして毒をもち牢獄に入ります。

七日の王妃 あらすじ 8話

チェギョン(パク・ミニョン)を毒殺しようとしたミョンヘは
チェギョンを心配し、様子を伺いにきたソノにより阻止されます。

イム・サホンの部下に連れ出されたチェギョンは、木に手足を縛られ
ナクチョン(ジンソン大君/ヨン・ウジン)をおびき寄せるおとりとなります。

ジンソン大君は治療中、弓に毒が塗られていたことを知ります。
チェギョンも逃げる途中、怪我をしたチェギョンを心配しますが
直接動くことができないジンソン大君は、兄の燕山君を動かくことにこころみます。

チェギョンの状態を知らない燕山君のもとに届けられた手紙を読むと
急いでチェギョンのもとに駆け付けます。
燕山君はチェギョンを降ろすよう指示し、意識を失った彼女を連れ王宮に戻ります。

自らチェギョンを看病する燕山君。チェギョンが心配になって忍び込んだ
ジンソン大君は、燕山君が席を外した間チェギョンに別れを告げ
チェギョンからもらった指輪を返して姿を消こころみます。

チェギョンに与えられた1週間の期限が近づき、このまま一緒にいた男が
現れないと、チェギョンがすべての罰を受けることになります。

死を覚悟したチェギョンと、娘を助けるために代わりに罰を受けると
申し出た父、シン・スグン。燕山君はどちらを選ぶこともできず困っている時
ジンソン大君が現れます。

七日の王妃 全話一覧・キャスト&相関図

七日の王妃 あらすじ 全話一覧 放送予定

七日の王妃-登場人物とキャスト&相関図

その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク