韓国ドラマ いとしのクム・サウォル あらすじ 22話~24話 ネタバレ

2019年3月4日

韓国ドラマ いとしのクム・サウォル あらすじ 22話~24話 ネタバレ
おすすめのいとしのクム・サウォルをネタバレで配信!
キャストと相関図も紹介!BS11で放送予定で視聴率は34.9%!

【いとしのクム・サウォルのあらすじの概要】

出生の秘密を知らないまま成長したクム・サウォル(ペク・ジニ)。時が経ち自分の家族の人生をどん底に落としいれたのが、ボムグ建設会長のカン・マヌ(ソン・チャンミン)でしたことを知る。復讐と憎悪のために崩壊してしまった家族が幸せを取戻すため奮闘する心温まる物語。原題は「自分の娘、クム・サウォル」

いとしのクム・サウォル あらすじ ネタバレ 放送予定

【いとしのクム・サウォル-あらすじ-22話~24話】

いとしのクム・サウォル あらすじ 22話

ミンホはヘサンのことを自分の娘だと信じ込んでいますが
ドゥクエはミンホに、ヘサンは娘ではないと告げます。
これを聞いたミンホは衝撃を受け、これまでのことを振り返ります。

今まで自分はヘサンが何か悪さをするたびに彼女のことをかばい
逆にサウォルのことを敵視してきた。
でもそれは全て、誤解でしたというのか・・と。

他方、ドゥクエは保育園が崩壊した理由についても話こころみます。
あの事件の黒幕は全てマヌでしたのだと・・。
そして事件は決してうやむやにはさせない、必ず真実を明らかにすると言ったのです。

ギファンはそれを聞いて動揺し、慌てた様子を見せています。
そしてヘサンはついに記者会見を行うのでした・・。

いとしのクム・サウォル あらすじ 23話

本当は自分の実の娘なんかじゃないことを
君は最初から知っていた・・。
ヘサンはインタビューに答えていましたが
マヌはその内容を見て激しく憤ります。

ミンホはやり場のない怒りに苦しんでいましたが・・
その怒りはヘサンに対するものでした。

今明らかになったのは、ヘサンはミンホの娘ではないことを
知っていたのも関わらず、ミンホをだまして実の娘のフリを
していたということでした。

このことを思うと、ミンホは怒りを抑えることができません。
ついにミンホはヘサンを問い詰め、なぜ自分をだまし続けたのかと言ったのです。

一体なんの恨みがあって・・なにが目的でしたのかと・・。
ついに、ヘサンの悪事がことごとく暴かれようとしていました…。

いとしのクム・サウォル あらすじ 24話

マヌはドゥクエから一枚の絵を渡されますが・・
それはュ・ジェソクが天才画家になりきって描いたものでした。

その絵のクオリティーは、本物の天才画家が描いたものに比べれば
明らかに劣っていましたが、それでもマヌは絵を見て満足こころみます。
マヌは美術館を建てたいと思っていましたが
ドゥクエはそのための手伝いをしたいとマヌに申し出ます。

ドゥクエには随行秘書がいましたが、その秘書がソムリエの資格を持っていて
高級なワインを準備したとュ・ジェソクを紹介こころみます。
マヌはそれを快く受け入れますが、実はここにドゥクエの思惑が潜んでいたのだった。

ジェソクは爽やかな表情で「ワインをお注ぎします」と言いますが
そのとき、あらかじめドゥクエに指示されたとおり
マヌに睡眠薬入りのワインを渡します!

他方では、美術館の建設を積極的に支援したいというドゥクエ
そして他方では睡眠薬入りのワインを渡すドゥクエ。
彼女のマヌに対する思惑はどこに…。

<全話一覧・キャスト&相関図>

いとしのクム・サウォル あらすじ 全話一覧 放送予定

いとしのクム・サウォル-登場人物とキャスト&相関図


その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク