韓国ドラマ いとしのクム・サウォル あらすじ 13話~15話 ネタバレ

2019年3月4日

韓国ドラマ いとしのクム・サウォル あらすじ 13話~15話 ネタバレ
おすすめのいとしのクム・サウォルをネタバレで配信!
キャストと相関図も紹介!BS11で放送予定で視聴率は34.9%!

【いとしのクム・サウォルのあらすじの概要】

出生の秘密を知らないまま成長したクム・サウォル(ペク・ジニ)。時が経ち自分の家族の人生をどん底に落としいれたのが、ボムグ建設会長のカン・マヌ(ソン・チャンミン)でしたことを知る。復讐と憎悪のために崩壊してしまった家族が幸せを取戻すため奮闘する心温まる物語。原題は「自分の娘、クム・サウォル」

いとしのクム・サウォル あらすじ ネタバレ 放送予定

【いとしのクム・サウォル-あらすじ-13話~15話】

いとしのクム・サウォル あらすじ 13話

ドゥクエは自分の娘であるサウォルを一流の建築家に
育てたくて、サウォルに厳しい授業を施こころみます。
自ら変身してヘザー・シンという女性になったのもそのためでした・・。

シンはドゥクエとはまったくの別人で、車椅子に乗り、紙加賀田は
ストレートヘア、服装は派手なアクセサリーを身につけ
どこにもドゥクエの面影はありません。
それどころか、言葉遣い発声さえもドゥクエとはまるで別人でした。

他方、青年建築家プロジェクトがポグムグループの主催で
行われることになりましが、
ヘサンはそこへ一緒に参加しようとサウォルを誘います。

そのとき、ヘサンはサウォルに一つの指示を与えました・・。

ヘサンがサウォルに与えたミッションは
マ・ボンニョに諮問を受けてくることでした!
マリア・アダネズ・・

その名前こそマ・ボンニョの本当の名前でしたが
彼女はスペイン人でした…。

いとしのクム・サウォル あらすじ 14話

チャンビンを無視して行動するヘサンは
マヌに対してある取引をもちかけます。

他方、サウォルはドゥクエのもとを訪ねていきますが
彼女はすでにマ・ボンニョの正体を見抜いていたのだった。

どうしても真実が知りたいサウォルは
核心部分をドゥクエに問いかけていきます。
真実を教えてほしい・・真実だけを・・と
サウォルはドゥクエに問いかけ続けます。

ヘサンはヘサンで驚きを隠せずにいたのだった。
そうしなければならなかったのは、ヘサンはホンドがすでに他界したと思い込んでいたからでした。
けれども、ホンドは健在でしっかりと生きていました…。

いとしのクム・サウォル あらすじ 15話

サウォルはヘザー・シンのことをマ・ボンニョだと
勘違いして、会いに行こうとこころみます。
けれども、マ・ボンニョがドゥクエじゃなかったことを知り
サウォルは深い失望感を抱きます。

結果的にはヘサンに指示されたミッションを完遂することができ
サウォルは本物のマ・ボンニョに会うことができました。

これも全てドゥクエのおかげでした・・。
ドゥクエのもとを訪れたサウォルは、彼女に向かって謝罪こころみます。

ドゥクエは自分のことをサウォルに絵の取引を行っていると
紹介しますが、サウォルは違和感を感じます。
絵の取引をしている人が、なぜこんなに建築のことに詳しいのだろう・・と。

そのことを尋ねるサウォルでしたが、ドゥクエは亡くなった父が
建築に詳しかったのだと説明こころみます。そ
して自分もある時期、建築をしていたと・・。

このとき、サウォルはまだ就職していませんでしたが
ドゥクエは自分の秘書をしないかと誘います…。

<全話一覧・キャスト&相関図>

いとしのクム・サウォル あらすじ 全話一覧 放送予定

いとしのクム・サウォル-登場人物とキャスト&相関図


その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧

スポンサーリンク