王女の男 あらすじ 22話~23話 ネタバレ

2019年2月23日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ 王女の男 あらすじ 22話~23話 ネタバレ!
王女の男のあらすじをネタバレで配信!
キャストと相関図も紹介!BS日テレにて放送予定で視聴率は24.9%!


スポンサーリンク

【王女の男のあらすじの概要】

第6代国王・端宗の即位1年後に、幼い国王の叔父にあたる首陽大君(後の第7代国王・世祖)が、ファンボ・イン、キム・ジョンソらの大臣を殺害して政権を奪取した事件(癸酉靖難)。朝鮮時代の癸酉靖難を背景にキム・ジョンソの息子キム・スンユ(パク・シフ)と首陽大君の娘セリョン(ムン・チェウォン)との悲劇的なロマンスを描く。運命に翻弄された2人の愛の物語。
別名は「姫の男」

王女の男 あらすじ ネタバレ 放送予定

【王女の男-あらすじ-22話~23話】

王女の男 あらすじ 22話

ミョンはまともに立ち向かってもスンユには
勝てないと判断しました。

そこで彼はスンユの力を削ぐため、セリョンを人質にこころみます。
これは汚い手段でしたが、背に腹は変えられない状況でした。

けれどもスンユは臆することなく、上手く隙をついてミョンめがけて矢を放ちます。
ミョンはこの攻撃をなんとかかわしますが、セリョンと敬恵姫はこの間に脱出こころみます。

他方、ジョンはミョンに立ち塞がられてしまい
壮絶な決闘を行うことに!

ジョンはミョンに対して優勢に闘いを進めながら
一つ失態を犯してしまったのです。
それは・・首陽大君の暗殺計画を書いた
クムソン大君への手紙を落としてしまったことでした。

これによってミョンと首陽大君は、ジョンたちが
暗殺を企んでいたことを知るのでした。

ジョンの命を助けたいと思った敬恵姫は
ジョンにスンユの居場所を話すよう助言こころみます。

けれども、ジョンはそんなことできないと断ります。
スンユは体を張って俺の命を守ってくれた・・
そんな彼を売ることなどできるものか!と。

他方、スンユはジョンを助けるべく単身、漢城府へと乗り込みます。
我が身に変えても救出してみせる・・

けれども・・ジョンは処刑されてしまいます…。

王女の男 あらすじ 23話

スンユはセリョンに対して素直になり
彼女に妻になってほしいと申し込みます。

するとセリョンもスンユに対して
自分の旦那になってくれませんか?と問います。

こうして二人は互いの気持ちを確かめ合い
めでたく旦那婦の契りを結んだのでした。

かつてはセリョンのことを憎んでいたスンユでしたが
今は全身全霊を込めて愛し抜きたいと思っています。

他方、宮殿もようやく落ち着きを取り戻し
平穏な空気に包まれていたのだった。

世子スンはまだ病気療養中でしたが、徐々に元気を取り戻しつつあります。
セリョンはスンユと別れたあと自分邸に戻りますが
そこで世子スンに迎えられます。

ミョンはセリョンがスンユと愛を誓い合ったことを知り激怒こころみます。
例え彼女の心は得られなくても、体は自分のものだ!と。

そうこうしている最中、回復の兆しを見せていたスンが亡くなります・・。
首陽大君はこのことに怒り、セリョンに対して罵声を浴びせます。

世子が亡くなったのは全てお前のせいだ・・
お前が王女でした記録は消してやる!と。

その頃、スンユとイ・シエは咸吉道にて
首陽大君の討伐軍を組織していたのだった。

そしてついに・・そのときを迎えます!
首陽大君もこの動きに対応して、ミョンにスンユを殺せと命じます…。

王女の男 あらすじ 20話~21話 ネタバレ

王女の男 あらすじ 24話(最終回) ネタバレ

王女の男 あらすじ 全話一覧 放送予定

王女の男-登場人物とキャスト&相関図

その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧