韓ドラのあらすじをネタバレで紹介!放送予定の韓ドラおすすめチャンネル!!ネタバレのことならお任せ!

韓ドラ あらすじ | ネタバレと放送予定のおすすめチャンネル

≪か≫~始まるドラマ

韓国ドラマ 帰ってきたポク・ダンジ あらすじ 121話~122話(最終回) ネタバレ

投稿日:2018年5月25日 更新日:

韓国ドラマ 帰ってきたポク・ダンジ あらすじ 121話~最終回 ネタバレ!
帰ってきたポク・ダンジをネタバレで配信! ホームドラマchにて放送予定!
キャストと相関図も紹介!最高視聴率14.3%の人気韓国ドラマでした!

【帰ってきたポク・ダンジ-あらすじ】全122話

過去の愛に囚われながら未来に愛を捧げた4人の男女の物語。
離別や謀略結婚、妬みなどそれぞれの男女が出口なき愛憎劇を繰広げる。

帰ってきたポク・ダンジ あらすじ ネタバレ 放送予定

【帰ってきたポク・ダンジ-あらすじ-121話~最終回】

帰ってきたポク・ダンジ 121話

自分の前にいたダンジを見てソジンは衝撃を受ける。
ソンヒョンを助けようと倒れてきた木に巻き込まれてしまい
意識を失ってしまったダンジ。

ソジンにダンジを病院に連れて行ってと叫ぶソンヒョン。
ソンヒョンの居場所を警察官たちと追うジョンウクは
ある人から男の子の代わりに事故に遭ったみたいだという
話を聞き、嫌な予感がするのでした。

ソジンがダンジを病院に連れて行く車の中でも目を
覚まさないダンジでしたが、治療の甲斐あって目を覚ます。

そんなダンジにソンヒョンと一日過ごさせてくれと頼むソジン。
ソンヒョンとソジンが一緒にいることをパク会長知る。

ソンヒョンに接するダンジの姿を見ながら、ミンギュのことを
大人になっても忘れないでほしいというソジン。
そう話すソジンの姿を遠くで見守るダンジ。

わたしの子供であるソンヒョンが嫌いではないのかとソジンに
聞かれるも、そんなことはないとしっかりソンヒョンを
育てていくつもりだと話すダンジ。

ヘスクに会いに行ったジェヨンはソジンが姿を消したと伝えるも
ソジンを逃せとまたも言い始め、それに呆れるジェヨン。

朝ごはんの際に、自分は遠くに行く可能性もあると
ソジンはソンヒョンに話すのでした。
そしてそこに警察と共に来たジョンウク。

そんなジョンウクにソンヒョンのためにも、そのまま一緒に外に
出て行ってほしいとジョンウクにお願いするダンジ。
ソジンはとうとう捕まる決意をするのでした。

ジョンウクに全てのことを受け入れて結婚してもらったのに
裏切って申し訳なかったと謝るソジン。

そして待っていたチェ秘書と共に警察署の中に入っていったソジン。
面会に来たパク会長は、ミンギュとソジンの交際を
認めていれば‥とヘスクに言う。

シン会長も手術が成功し、退院するのでした。
裁判で対面するヘスクとソジン。

ソジンに申し訳ないと泣いて謝るヘスクは、またもダンジたちに
ソジンに罪はない。逃がしてくれと頼むのでした。

スポンサードリンク



帰ってきたポク・ダンジ 122話(最終回)

さっそく裁判が開廷し、今までの様々な事件の真実が語られる。

そうこうしている最中ソジンの罪を少しでも軽くしようと必死に証言するヘスク。
自分は出て来るのを待っているとソジンに伝えるパク会長。

裁判を見ていたダンジはソジンたちとの話し合いに
少し応じる姿勢でもいいのではと思うのでした。

ジョンウクと結婚した時のことがふと頭に浮かび
時間の早さをしみじみと感じるダンジたち。
改めてダンジへの愛を伝えジョンウクはキスする。

家に来たジェヨンとイェウォンに自分たちと一緒に
暮らそうと提案するシン会長。それを聞いて喜ぶダンジ。

裁判は終わりを迎え、ヘスクは5年、ソジンは10年を超える
判決が言い渡されたのでした。

昔の妻であるラニョンとまた一緒になることを決めたジェジン。

呼ばれたソジンにミンギュはダンジたちのことを最後の最後まで
思っていた伝えられるも、もう終わったことだと話し、ソジンが
戻って来るまでソンヒョンのことはちゃんと育てるとダンジは宣言するのでした。

ソンヒョンと一緒には来ないでと言うソジン。
イェウォンと共にダンジも妊娠し、それを知ったジョンウクはとても嬉しがる。
子供も誕生しそれぞれみんなが幸せに暮らすのでした。

<全話一覧・キャスト&相関図>

帰ってきたポク・ダンジ あらすじ 全話一覧 放送予定

帰ってきたポク・ダンジ-登場人物とキャスト&相関図

スポンサードリンク



その他おすすめの韓国ドラマ

韓国ドラマ あらすじ タイトル 全話一覧


-≪か≫~始まるドラマ
-,

Copyright© 韓ドラ あらすじ | ネタバレと放送予定のおすすめチャンネル , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.