韓ドラのあらすじをネタバレで紹介!放送予定の韓ドラおすすめチャンネル!!ネタバレのことならお任せ!

韓ドラ あらすじ | ネタバレと放送予定のおすすめチャンネル

≪わ≫~始まるドラマ

私の男の秘密 あらすじ 61話~64話 ネタバレ

投稿日:

韓国ドラマ 自分の男の秘密 あらすじ 61話~64話 ネタバレ!
自分の男の秘密を最終回までネタバレで配信! KBSWorldで放送予定!
キャストと相関図も紹介!視聴率は26.4%の人気韓国ドラマ!

【自分の男の秘密のあらすじ】全100話

幸せを感んじたことがなく自分の置かれた環境と運命を恨みながら生きるジソプ(ソン・チャンウィ)。そんな時、ジソプは瓜二つの顔を持つジェウクと出会い、彼になりすまして人生の再生を謀ることを決意する。そして周囲を取り囲む愛と欲望の渦の中に巻き込まれていく。様々な大人たちが心に持つ事情を隠しながら繰広げる衝撃の愛憎劇ドラマ。

自分の男の秘密 あらすじ ネタバレ 放送予定

【自分の男の秘密-あらすじ-61話~64話】

自分の男の秘密 あらすじ 61話

ジェウクは全ての記憶を取り戻し実家へとやって来る。
そこにヘリムが帰宅し、ヘリムは緊張しながら話しかける。

過去ヘリムに拒絶されたことを思い出したジェウクは
今はまだジソプを演じることにするのでした…。

同じころジソプは、ヘリムがグクヒョンに本当のことを
言ってしまったことに、もう終わりだ!と自棄になっていた。

そこにインウクがやって来て、あんたはジェウクではなく
ジソプなのではないか?
と問いただすが、ジソプは強気で否定する…。

グクヒョンもまたソンエにこれまでよくも
騙してくれたなと怒りをぶつける。
けれども、ソンエは上手くグクヒョンをなだめることに成功していた…。

その話を聞いたジソプとヘリムは一安心するのでした…。

一人やけ酒を飲むジェウクはジソプなどという
貧しい男になってしまったことに怒りを爆発させていた。

ソンエはヘリムに問う、ジソプを愛しているんでしょう?と。
ヘリムはとっさに繕うが、ソンエにはお見通しであった。

帰宅したジェウクはあくまでもジソプとして振る舞う。

けれども、もはやジェウクとしての意識がある
今の自分には合わせることに動揺する。
だが、なぜ動揺するのかは、これまで経験したことのない
ソラ達の心温まる優しさがあるからであった…。

インウクは社内での発言力を増していく。
そのことが鼻につくジソプは何とかしようとする。

ジェウクはジソプの周囲に現れてその行動を監視し始める。
そのことに気付いたヘリムは、ソラの元に向かい
しっかりとジェウクを管理させようとする。

ジェウクは実家にやって来るとかつての自分の部屋に行く。
そこでソンエに向かって母さんと名を呼ぶ…。

そこにジソプを迎えに来たソラがやって来て…。

自分の男の秘密 あらすじ 62話

ソンエはジェウクの記憶が全て
戻ってしまったことに喜びながらも焦りを覚える。
計画ではもっと時間をかけてことを進めるはずでした…。

ジェウクはジソプになり切らなくてはならない
現状に激しい憤りを覚えていた。
ソンエはジェウクを早く元の立場に戻せるよう計画を急ぐことに。

ソラはジェウクを探し回るが帰宅すると
大量のプレゼントを家族に用意していた。
様子のおかしいと思ったソラは問いただす。

けれども、ジソプと思っている旦那の態度はまるで別人であった。
ソラはそんな様子に不安を覚える…。

他方、帰宅したジソプとヘリムは
自分たちの記念写真が壊されていることに気付く。
つまり、ジェウクが自分たちの部屋にやって来たことを意味していた。

二人はジェウクの記憶が戻ったのではないかと考える…。

他方、インウクは会社にスーツ姿でいるジェウクを見つける。
妙な雰囲気を覚えたインウクは、二人で話をすることに。

インウクはあくまでジソプと名を呼び、揺さぶりをかける。
その態度は明らかにおかしいと感じさせるのでした。

ジソプはソラを呼び出して、ジェウクが記憶障害で
自分の部屋に無断で入った可能性があると忠告する。
それはなんとしても自分たちの側からジェウクを遠ざけるためであった。

他方、ミリョンはジスクを連れてソラの実家の
チャンポン屋へと連れてくる。
すぐにミリョンは店を後にして
ソラに連絡するとジスクを迎えに来てほしいと言う。

ソラはジェウクに家に入ったことを問い質す。
まるでジェウクになろうとしているような姿が不安で仕方がなかった…。

突然ミリョンはジェウクの前に現れると
驚いたジェウクの反応を見て記憶が戻ったことを確信する。

同じころ、ジスクはソラの幼き頃の写真を床に落として
ソラの母はその写真を見て言葉を失う…。

ヘソルはジェウクとミリョンがキスをしているところを
目撃してしまい、ショックで外へ走り出してしまう。
だが、そこに車が現れて…。

スポンサードリンク



自分の男の秘密 あらすじ 63話

ヘソルはジェウクとミリョンがキスを
する姿を見て、ショックのあまり駆け出してしまう。
飛び出して来たヘソルを車がひきそうになってしまうが
幸いにも怪我はなく済んだ。

その車にはジスクが乗っていた。
居合わせたソラにジスクは二人を車に乗せて
自宅で休ませることにする。

他方、ジェウクはミリョンに連れられてバーに来ていた。

ジェウクはヘソルを傷つけてしまったことに動揺していたが
ミリョンは子どもは怪我もしていないし、あなたはジソプじゃ
ないのだから気にする必要はないと言う。

更に続けてヘリムはジソプと知りながら
ジェウクとして生きる彼を愛している。
つまりジソプを愛しているんだと告げる。

その言葉にヘリムへの愛を期待していたジェウクは、激しい動揺を招く…。

ソラの母はジスクが持っていたソラの幼少期の写真に
ショックのあまり寝込んでいた。
そして、ソラのアルバムを確認すると
そこからソラの写真が無くなっていることに気付く…。

ソラの姉はその動向に気付き、すぐにヘリムに連絡をする。

他方、帰宅したヘリムは家にソラとヘソルがいることに激怒する。
ジスクは事情を説明するのだが、全く聞き入れない。
それどころかジスクに自分のことを見てくれないと激しく訴える…。

そこにグクヒョンが現れて、ミリョンがやって来て以来
家の中がめちゃくちゃだと怒りを露にする。

自棄になったヘリムはジソプの部屋にやって来て
ソンエとジェウクの動向について話し始める…。

ソンエを呼び出したジェウクは、ヘリムがジソプと知りながら
結婚までしていたことを問い質す。
怒り興奮するジェウクだが…。

帰宅したジソプはカン会長の様子が明らかにおかしくなっていることに驚く。
ミホンが我が物顔で家に居座ることにも、ジソプは限界を感じていた。

更にソンエを盗聴するジソプは
ジェウクの記憶が戻ったことへの確信を強める。
同じころソラはヘソルからお父さんが他の女性のキスをしていたと訴える。

そこに帰宅したジェウクにソラは事実を問い質すが
ジェウクは怒りを表して抗議する。
ヘソルはそんなジェウクの態度に恐怖を覚え、おもらしを繰り返すように…。

ソラは早く何とかしなくて行けないと思うように。
更にジェウクとソンエの会話を聞いたソラは、その内容に耳を疑う…。

自分の男の秘密 あらすじ 64話

ジェウクはソンエになりすましの生活に我慢の限界だと訴える。
その会話を聞いてしまったソラは
すぐに一体どういうことか?と問い詰める。

けれども、ジェウクは逆上してソラを一蹴する。
ほどなくしてジェウクの言動にソラは疑問を深めていく。

そうしなければならなかったのはジソプと思っている男性の行動があまりにも
自分の知る同じ人とは違うからでした。
ヘソルもまたジェウクのことをどうしても受け入れることが出来ないでいた。

他方、ミリョンは本当の娘ではないことをグクヒョンから
問ただされると、あっさりと認めてしまう。

グクヒョンは幾度もヘリムに欺かれていることになりながらも
ヘリムのことをとがめることが出来ないのでした。

ヘソルは会社にいるジソプに会いに行き、本当のお父さんだと訴える。
ジソプは動揺する胸の内を隠して、ヘソルを追い出そうとする。

ソラはミリョンのカードが家にあることを知り、ミリョンを問い詰める。
するとミリョンはまさかジソプとジェウクが入れ替わったとでも?
と真実を口にする。

その言葉に反応したソラの顔に、ミリョンは慌ててとりつくろうが…。
更にジェウクはジソプに直接電話をかけるのでした…。

<全話一覧・キャスト&相関図>

自分の男の秘密 あらすじ 全話一覧 放送予定

自分の男の秘密-登場人物とキャスト&相関図

スポンサードリンク



その他おすすめの韓国ドラマ

オクニョ あらすじ 全話一覧 放送予定

夜を歩く士(ソンビ) あらすじ 全話一覧 放送予定

イニョプの道 あらすじ 全話一覧 放送予定

朱蒙(チュモン) あらすじ 全話一覧 放送予定

猟奇的な彼女 あらすじ 全話一覧 放送予定

オーマイビーナス あらすじ 全話一覧 放送予定

ヨンパリ あらすじ 全話一覧 放送予定

華麗なる誘惑 あらすじ 全話一覧 放送予定

今週妻が浮気します あらすじ 全話一覧 放送予定

自分は彼女に絶対服従 あらすじ 全話一覧 放送予定

被告人 あらすじ 全話一覧 放送予定

運勢ロマンス あらすじ 全話一覧 放送予定


-≪わ≫~始まるドラマ
-,

Copyright© 韓ドラ あらすじ | ネタバレと放送予定のおすすめチャンネル , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.